スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | 御意見 | 別窓 | スポンサー広告 |
〜江ノ電の車両紹介〜 20形
2012-05-19 Sat 22:56
こんばんは。今日も江ノ電の車両紹介をします。
21F
21F+10F 撮影地:稲村ガ崎〜極楽寺間
まず、この編成は先に引退した旧500形に替わって2002年に営業運転を開始しました。
続きます

お断り
たまに間違った情報が書いてある事があります。もしよかったらコメントで教えてください。


20形は機器更新をしたのにもかかわらず、老朽化が激しく、冷房機器が搭載できなかった旧500形
を置き換える為、開業100周年を記念して導入されました。
走行機器などは機器更新をしてそんなに経っていなかった旧500形のものを流用しています。
また、コスト削減の為、10形のレトロ調を残しながらも排障器や、屋根カバーの省略、側面の窓
の形状を四角にする、などが行われました。
一方、江ノ電初のLED式行き先表示機や、連結面の転落防止幌
(※注 21Fと22Fで幌の形状が違う)が設置されるなど、かなり近代化されています。

写真の21Fは、'10年に全線開通100周年を記念して、当時の1形をモチーフにしたリバイバル塗装に変更されました。
座席のモケットや、つり革などもしっかり交換してあるようです。

22F
22F+2003F 撮影地:同
こちらの編成は2003年に先に引退した502Fに替わって営業運転を開始しました。
21Fと同じく先に引退した編成から一部機器を流用したようです。
この編成の導入によって江ノ電は完全に冷房化されました。
ちなみに、先に引退した501Fは末期にはポストペットの派手なピンク色の広告をまとって走っていました。
それ以来、ピンク色の派手な全面塗装はありません。どこかにいないかな?そんな派手なやつ。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit | 御意見 | 別窓 | 江ノ電 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<実はただのふ078 | 大船経由フラフラ撮影循環 | 〜江ノ電の車両紹介〜 (新)500形>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 大船経由フラフラ撮影循環 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。