スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | 御意見 | 別窓 | スポンサー広告 |
〜江ノ電の車両紹介〜 10形
2012-05-21 Mon 19:30
こんばんは。2日振りですね!今日は10形を紹介。
10F
10F+21F 撮影地:極楽寺〜稲村ガ崎間
この列車は平成9年に開業から95周年を迎えるのを記念して製造されました。
この編成の登場によって吊り掛け式かつ非冷房で最後まで残った302Fが引退しました。
ちなみに、後に登場した20形や500形は台車などの部品を流用している為、完全新製車としては
一番新しいことになります。また、江ノ電の車両の中で排障器がついている少数派でもあります。
続きます

お断り
たまに間違った情報が書いてある事があります。もしよかったらコメントで教えてください。

10形では、観光客を意識して、オリエント風をイメージしたレトロ調のデザインで登場しました。
その為、塗装がかなり複雑ですが、今でも江ノ電の中で人気の車両のひとつです。
余談ですが、10形はいままでに一度も車外に広告をつけた事がありません。
また、10形では、両開きドア・シングルアーム式パンタグラフの採用や、
幅広車体にする、車椅子スペースの設置など今までの形式に比べ、かなり近代化されました。
車内もこだわってあり、木目調の物や、照明の形をこだわるなど細部にまでこだわってあります。
窓の形、前照灯などにもこだわりが。
オリジナルなところが他にもたくさんありますが、これ以上は書いていられないので、
後は実際に乗って探してみてください。運用は特に決まっていないので乗れるかどうかは運次第です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Edit | 御意見 | 別窓 | 江ノ電 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<藤沢の新車 ふ093 | 大船経由フラフラ撮影循環 | '00年式のツーステップ FK012>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 大船経由フラフラ撮影循環 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。