スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | 御意見 | 別窓 | スポンサー広告 |
〜江ノ電の車両紹介〜 1000形 (1201F)
2012-05-26 Sat 23:59
こんばんは。2日に一回更新予定の江ノ電車両紹介。今日は1000形グループの1201Fです。
(今回は文章がかなり長いので読みづらい可能性があります)
1201F

データ1000形 1201F(+1101F) 極楽寺検車区所属
撮影場所:極楽寺〜稲村ガ崎間
1201Fは1983年に最初から冷房装置を装備した状態で導入されました。
先に登場した1101Fまでと違い、前照灯が角型に変更されました。なので1000形の3次車となります。
続きます

お断り
たまに間違った情報が書いてある事があります。もしよかったらコメントで教えてください。
狭軌(1067mm)ゲージで走る車両の中で日本最後の吊り掛け式の完全新造車となります。
これまでの車両と違い、腐食対策の為、車体の一部がステンレス化されました。
他の車両が新塗装に変更され行く中、1201Fは'07年に入っても旧塗装を維持していました。
しかし、夏の間中ONE PIECEのラッピング電車、「麦わら号」として活躍し、運行が終了すると、ついに新塗装に変更されました。
これにより江ノ電から旧塗装は2年ほど消える事となりました。
そして、1001Fらが更新工事をしていく中、ついに運行開始から25年を迎えたので1201Fも更新する事になり、"針金一本の単位"まで徹底的に更新されました。
主にこれまでの1000形同様に、車椅子スペース・ドアチャイム・自動案内放送機が設置されたほか、(新)500形に設置されている、車内のツインモニタの設置、ドアへの注意を促す黄色い警戒色のテープが貼られました。
また、外観の変更点では車体側面に社紋円盤が取り付けられたことぐらいです。


運行開始から四半世紀を迎え、車体更新が行われた1201F。先に登場した車両がまだ4本あるので当分安泰です。

最後に毎度おなじみ各種クリックへのご協力をお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 ↑1201F
blogramのブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
Edit | 御意見 | 別窓 | 江ノ電 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<〜過去の車両〜 7-4505 | 大船経由フラフラ撮影循環 | 江ノ電バスの新車 195>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 大船経由フラフラ撮影循環 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。